高等学校の教科に加え、
調理師・美容師の実践的な
専門教育を行う学校です。

高等専修学校は、専門学校のように思われる方も多いのですが、通常の高等学校と並ぶ「中学卒業者を対象とする正規の教育機関」として、高等学校の教科に加え、より実学に特化した教育を行う学校です。
大竹高等専修学校は、「調理師科」「美容師科」があります。毎日通学し、通常の高校の一般教科と、それぞれ専門教科を学ぶことで、卒業時に資格取得が可能です。

希望者には、
高校・調理師科卒業後
併設の専門学校で、
栄養士資格の取得をサポート。

栄養士は、大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了することで取得できる資格です。
生活習慣病、孤食・個食、食品の安全性、超高齢社会、食育の必要性などが社会問題になっています。最近良く目にするこれらの問題は、栄養士が解決することが出来ます。栄養士は現代の日本に強く求められる資格なのです。ヘルシー志向の商品やメニューが人気を集める昨今、調理師として仕事をする上でもより深く、食や栄養、健康についての知識を持っている方が将来活躍できる可能性は高くなります。

70th Anniversary 70th Anniversary

大竹学園は、
2017年に創立70周年を
迎えました。

大竹学園の前身は、1947年(昭和22年)、女子の職業教育を目的に設立された八王子洋裁学校です。1954年(昭和29年)、学校法人大竹学園として再出発をし現在に至ります。
創立以来、子どもたちに社会に出て役立つ、専門的・実践的な技術習得、人間教育を行ってきました。
地域密着型の本学園は、文化祭などの学校行事や、校外実習(インターンシップ)などを通して、積極的に地域との交流をはかっています。そうした地道な活動により、八王子地域の多くの施設や企業から厚い信頼をいただいて
います。創立100周年をめざして、子どもたち、地域社会のため、さらなる歩みをすすめて参ります。